ウイルス対策マスク|モースプロテクション - | 健康管理・危機管理・美肌管理商品の製造メーカー 株式会社エースインターナショナルジャパン

ウイルス対策モースマスクシリーズについて

モースガード・モースプロテクション

アメリカで約50年前に開発され、その技術を今のレベルにまで育て上げた国防総省の元高級官僚、Dr.ロナルド・モース博士によって考案され、実現に至った新型ウイルスにも対応した高機能性マスクです。

製品一覧

ウイルス対策マスクならモースマスク

モースマスクシリーズの開発者から~ウイルスから守る~

ロナルド・モース博士

現在世界中でウイルスの感染が問題になっており、マスコミでは連日大きく取り上げられています。もし、強毒型ウイルスが流行した場合、マスクによる自己防衛は必要不可欠です。 私が考案したマスクは、アメリカが生み出した不織布に日本の科学技術を加えて、完結しました。世界中のどの製品よりも信頼のできるマスクであると確信しています。一人でも多くの命が助かるために世界中に急ピッチで提案したいと考えています。

プロデュース ロナルド・モース
Dr.Ronald A. Morse アメリカ国防総省、国務省、エネルギー省で政策立案、分析に従事する。前ブッシュ政権 経済担当主席補佐官 元メリーランド大学及びUCLA 国際プロジェクト部長。ネバダ大学ラスベガス校教授。 著書「目をさませ日米関係」をはじめとして多数執筆。

6つの評価と認定

本物のウイルスを99.9999%感染力価低下

北里研究所での実験結果チャート

通常のマスクは疑似ウイルスを使用したテストを行っているだけですが、モースシリーズは唯一本物のウイルスを使用した北里研究所での実証データとしてウイルスの感染力価を99.9999%低下させるという高い実証データがあります。

北里研究所での実験の様子

モースマスクシリーズの情報信頼性認定

情報信頼性認定マーク

日本医師会が感染防止にモースマスクシリーズを備蓄し、多くの企業がモースマスクシリーズの信頼性を高く評価し、社員の為の企業備蓄、一般での販売をしています。通常マスクは一般店頭販売ですがモースシリーズのマスクは大手企業などが備蓄用に多数採用されています。

日本医学交流協会医療団のホームページを見る

モースマスクシリーズの日本感染症学会での発表

第52回日本感染症学会

第52回日本感染症学会においてその性能が発表されています。

EMAによる認定

エマ

本部を米国ネバダ州に置くEMA(アースメッセンジャーズアソシエーション)から認定を受けました。

Earth Messengers Association(EMA) アースメッセンジャーズアソシエーションとは

2009年2月9日、「環境と経済の調和と融合」をソローガンに掲げて発足しました。
会長、ロナルド・モース博士。本部、米国ネバダ州。下部組織に、一般社団法人アースメッセンジャーズアソシエーション・ジャパンがある。