スーパーMCM - | 健康管理・危機管理・美肌管理商品の製造メーカー 株式会社エースインターナショナルジャパン

スーパーMCM

健康関連製品





MCM(Marina・Crystal・Mineral)は、人の体液と海水がほとんど同じ成分バランスであることから生まれるきっかけとなりました。プランクトン・海洋植物・魚介類の生命活動、熱泉鉱床からのミネラルの還流と陸地からの成分流入などを繰り返すなかで海水成分が作られます。海洋ミネラルの結晶MCMは、6分子結晶水と海水に含まれる約100種類の微量元素を精製した天然ミネラルの微粉体です。生体機能を維持し、健康を保つために必須な元素群を濃縮イオン化しました。スーパーMCMは、精製されたMCMの中からさらに厳選した原料のみを使用したものです。
イオン化による吸収率の良さと飲みやすさが特徴。スーパーMCMは現代人に不足しがちなミネラルをやさしく体内に還元します。
また、多くの医療機関、国内海外の大学病院で臨床に利用されて、高い評価を得ています。

  • 容量
    粉末タイプ(30g/50g)
    カプセルタイプ(400mg×70粒)
  • 姉妹品
    鉄強化・粉末タイプ(120g)
    スーパーMCMに鉄分を強化したものです


スーパーMCM【成分表(100gあたり)】
熱量 168kcal
タンパク質 0.9g
脂質 0.1g
炭水化物 41.2g
ナトリウム 3.86g
カルシウム 12.6g
カリウム 2.6g
マグネシウム 4.76g
1.5mg
亜鉛 76.4mg
他のミネラル 有機物・結晶水


スーパーMCM鉄強化【成分表(100gあたり)】
熱量 168kcal
タンパク質 3.5g
脂質 0.1g
炭水化物 38.5g
ナトリウム 4.33g
カルシウム 4.33g
カリウム 13.0g
マグネシウム 4.98g
3.65mg
亜鉛 32.7mg
他のミネラル 有機物・結晶水


MCMがミネラルの王者と言われる所以

MCMには他社にはない特筆すべきポイントが多くあります。物質特許の取得や学会でとりあげられるといった医学的裏付けから、メディアなどでとりあげられ、全国の薬局でも取り扱われるといった信頼性、徹底した安全性の追求や歴史的根拠・吸収性など、ミネラルの王者と言われる所以がここにあります。

各方面からの評価

日本文化再生議員連盟

羽田孜・福田 康夫などの総理経験者を含む百数十名の国会議員によって評価されています。 日本国民があらゆる領域において自信を喪失しつつある今日、日本が世界に誇る文化、芸術そして、日本の食文化の優秀なることを再認識し、「美しき四季の国」日本の風土と文化の再生を趣旨として、「日本文化再生議員連盟」は発足されました。その中で、このMCMが取り上げられています。

日本臨床免疫学会総会 2005年10月28日 京都

日本臨床免疫学会は臨床免疫学ならびにこれに関する分野の進歩発展を図ることを目的とし、臨床免疫学ならびにこれと関連する分野の学問の研究を志す人々をもって組織された団体です。2005年10月28日、第33回日本臨床免疫学会総会が京都で開催された。免疫学の一線で活躍される研究者が集うこの学会で、学術顧問の渡辺隆司先生は、スーパーMCMの「癌細胞傷害作用並びに移植癌細胞増殖抑制作用」についての研究を発表された。渡辺隆司先生の研究内容が展示されたブースには数々の研究者が訪れ、スーパーMCMの可能性に大変な関心が寄せられていた。

海水のミネラルでなければならない理由

海水の中にある成分(60種類以上のミネラル)こそが古代の主食だったのです。 私たちの祖先の生命の歴史は36億年以上に亘って海中で営まれました。それは地球に生命が誕生した時から今日迄、約40億年の90%以上を占めています。猿人類から現代までの300万年は、生命の歴史から見ると0.00075%しかないのです。その長きにわたり海洋ミネラルは主食とされてきました。現代の病気の問題の大半は古代の主食不足が原因であると考えられます。

使用方法

1日に1.5グラム~2.5グラム(備え付けの小匙で3~5杯)が目安となっています。様子を見て摂取量を調節してください。

・粉薬を飲む要領で、適量で多目の水で飲む。

・ぬるま湯にMCMパウダーを溶かして飲む。

・適量をヨーグルトに入れて食べる。 (ドイツでは海洋ミネラル入りヨーグルトとして販売されています)

・適量を昆布茶に混ぜて飲む。

・ご飯を炊くときに、小匙1~2杯を入れる。

・ミネラルウォーターにして飲む。(1リットルに付き小匙2杯)

・お風呂に小匙1~2杯を入れる。 (小匙1杯分で、海水5リットル分の海洋ミネラルを含みます。)



その他商品